久々に、怖いCMをまとめて紹介します。 - 怖い話・動画のまとめサイト 見ちゃダメ!!

久々に、怖いCMをまとめて紹介します。

これまでに何度か紹介した怖いCM。
ケンミン焼きビーフンや夏Sacas'08が特にお気に入りでした。
CM1つで1記事を使ってしまうのは勿体無いので、いくつかまとめて紹介してしまおうと思います。今後はこのようなスタンスで怖いCMを扱っていく予定です。


ではまず1発目。
三菱東京UFJ銀行の詐欺警告cmです。




BGMがなく、内容が深刻なCMは昔から大嫌いで大好きなんですが、このCMが恐ろしいのはラスト10秒。
これまでのCMは、石油ファンヒーター等該当製品を持っていない人には全く関係のないものでしたが、
このCMではラストですべての人に注意喚起しています。関係ねーやと思って聞き流していると、突然引き寄せられる。
そういう怖さがありますよね。


こんな感じでどんどん紹介していきます。







続いてはサンポッポのCM。



ものすごく昭和の匂いがしますね。はぎや整形と雰囲気が似ています。
グラスにウイスキー(ワインかも?)を注ぐと画面が真っ赤になるのが不気味。
ちなみに、サンポッポはアメリカンパブだそうです。アメリカンなのにサントリー……。
ジムビームがサントリーに買収される30年以上前のCMだと思いますが、ある意味先取りCM?











次はマツモトキヨシのCMです。



視聴者目線の良いCMです。消費税が8%に上がる不安をバッチリ表現していますね。とても恐ろしい。
欲を言うなら、音楽をもっと不気味にして欲しかったです。悲鳴とか。











チャイルド・プレイ的な怖さがあるCMがこちら。



笑い袋の人形版ですね。人形が笑うことそれ自体はどうってこと無いんですけど、演出が怖い。
高笑いする人形につられて笑う奴がどこにいるんだ!不気味でいい感じです。
レトロな画質なのも良い。












続いては、1987年に石川県で放送されていた覚せい剤追放CMです。



ファミコンゲームの「東方見聞録」みたい……。悲鳴のあとの間がいい味出してます。
















次は佐々木希が主演した呪怨シリーズの最新作CM。



あからさまにサイレン風ですね。狙いすぎ。
いきなり警告文を表示するのはいいアイデアですね。いまさら呪怨も無いだろうとは思いますが。














続いては怖いCMの大御所・シオノギ製薬のCM



これはあるCMシリーズをひとまとめにした動画です。動脈硬化の恐ろしさをバラエティ番組で説明していると、
アナウンサー、観客、スタッフ、きぐるみの中の人などが動脈硬化が倒れるという、非常に深刻な内容。
他人ごとじゃない!ということがよく伝わってきます。三菱東京UFJ銀行のCMみたいな感じで良いです。















次。北九州市の人権啓発CMです。



内容の素晴らしさと怖さが最高です。最近見たCMの中ではナンバーワン。大好きです。
照明さんがとても良い仕事をしています。















最後は定番。アメリカの飲酒運転撲滅CMです。「全身火傷」と呼ばれています。



ニコニコ動画などで人気の怖いCM詰め合わせ動画に必ずラインナップされているので、
知っている人が多いでしょう。
友人とドライブ中に飲酒運転の車と衝突し車が炎上。
友人二人は事故死したものの、彼女だけが生き残りました。
生き残ったとはいえ、以前のような姿ではありません。
顔の皮膚は太ももかお尻の皮膚を移植したのでしょう。左目も潰れてしまっています。
私が好きな怖いCMは、怖いだけじゃありません。
伝えたいメッセージが明確で、その恐ろしさを映像で表現できているCMが大好きなんです。
怪談で言えば、稲川淳二よりも島田秀平でしょうか。
島田秀平の教訓めいた話は嫌いなんですけど、CMでは好き。





















最後におまけです。稲川淳二の名前が出てきたので、若き日の淳二出演CM。サンガリアです。



動きに切れがあって面白いです。リアクション芸人として活躍していた頃のCMなんでしょう。
オンチなのが伝わってくる辺りも笑えます。
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック