【怖い話】人が狂う瞬間 - 怖い話・動画のまとめサイト 見ちゃダメ!!

【怖い話】人が狂う瞬間

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?107

187 :本当にあった怖い名無し:2005/08/16(火) 15:05:22 ID:3ZmM4j5R0

256 238:2005/08/15(月) 13:48:00 ID:Mq4kvMNt0
書き忘れました。
キチガイになる瞬間の模様ですが、
現在地確定のためマップを拡げ、濃霧の中を目安になる地点を目を凝らして見ている私に、
リーダーが近寄り、「俺のガソリンはどこだ?」と訳の分からないことを聞いてきました。
私が変な顔をしていると、大声で何度も同じ事を叫びながら、谷に向かって走り出しました。
仲間がリーダーを取り押さえると、笑いながらおしっこを漏らしていました。
長沢尾根は登山者も少なく、トレースも薄く、地図を見ながら歩かなければならないのですが、
みんな疲れていて地図の確認もしなかったので、このような事態となりました。
リーダーは、肉体的な限界と、遭難という精神的なショックで、おかしくなったと思われます。

この体験から、人がキチガイになるって、ちょっとした精神的なショックでなっちゃうのかなぁ。と思いました。






道に迷い(というか笹藪の中であるが)、濃霧のため来た方角もわからなくなった状況の中、
ビバーグする準備もなく(テントも持ってこなかった)気が焦り、疲れて体力が無くなったとき。
人って悪条件が重なると冷静になれなくなるのだ。と痛感しました。
同時に、自分は冷静にならなければ、と思いましたが・・・

でも、リーダーは木に向かって大声で話しかけたり、地蔵に向かって話しかけたりして、
パーティーの一員として、見るのが辛かったです。

何とか下山しました。夜7時ぐらいになったけど。
自宅までみんな帰れるけど、リーダーがおかしかったから、旅館に泊まりました。
温かい飲物とアルコールを与えたらぐっすり寝て、翌朝起きたときは普通に戻った(?)ような。

でも、遭難したときの記憶が変。
我々のパーティしか居なかったのに、
「黄色いザックの4人組のパーティも居た」とか、(何でザックの色を黄色で統一した4人組がおるねん(笑))
「その人たちと合流してから楽しかった」とか・・・

まぁ、リーダーも疲れていたんだろうなぁ、という結論になりました。
普段は几帳面で、冷静なリーダーだったんだけど。


261 238:2005/08/15(月) 15:24:32 ID:Mq4kvMNt0
そうそう、ザックの色が『黄色』っていうのも見たこと無い。
リーダーに、「そんな色、市販で売っているわけない」って言ったけど、
真剣な顔で、「ザックは黄色」って言い張ったので・・・

遭難当時は、仲間の一人のヘッドランプの電池が切れかかったので、時間との勝負だった。
そのせいもあり、リーダーとして『他のパーティに導いて欲しかった』という願望が、
精神的なパニックで、映像として作り出したんでは?と我々は考えている。

リーダーは半年後、北アの冬山において不帰の人となったので、何とも言えないが。


265 本当にあった怖い名無し:2005/08/15(月) 16:02:15 ID:TM9xt57E0
俺の知り合いが発狂した時は、寝ぼけてるような顔してたな。
両目とも閉じて、何かず〜っとブツブツ何か喋って、時折大声で叫ぶ。
けど目は閉じてるまま。逆に気持ち悪かった。

途中から帽子かぶって、その帽子を顔の上半分くらいに自分でかぶせて、
口だけを出した状態でフラフラって、家族が来るまでずっとその状態で何か呟いてた。
確か、五年くらいかかって治ったと思う。


266 238:2005/08/15(月) 16:39:21 ID:Mq4kvMNt0
リーダーが突然おかしくなる経緯を思い出しました。
道無き道を突き進んでいるとき、うっすらとした太陽が霧の切れ目から出てきました。
太陽の見えた方角で、自分たちの進んでいる方角が違うということが判り、
リーダーが休憩を取り、私に現在地点の確定作業を命じました。
霧も出ており、目印となる地点が割り出せずに、結構時間がかかっていました。
普段温厚なリーダーが、「何している 早く割り出せ」と怒鳴り始めました。
その様子にみんなびっくりしていました。
サブリーダーが、「この霧では目印になるものが特定しにくい」と、中に入ってくれました。

その時、装備をチェックしていた仲間の一人が、
「ヘッドランプの電池が切れそう」とリーダーに報告した瞬間、「早く、現在地点!」と怒鳴りました。
私は我慢できなくなり、「地図で確認しながら歩いてきたわけでないので、すぐに判らない」と怒鳴り返しました。
するとリーダーが私に近寄り、「俺のガソリンはどこだ」と2回小声でつぶやき、
その後同じ事を叫びながら、谷の方へ走り出しました。
「山では走るな」と私が叫びましたが止まらずに、仲間が追いかけて取り押さえました。









この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック