【怖い話】「お金は要りません。ただ毎月1枚づつこのハガキを私の元に送って下さい」 - 怖い話・動画のまとめサイト 見ちゃダメ!!

【怖い話】「お金は要りません。ただ毎月1枚づつこのハガキを私の元に送って下さい」

 



254 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/05/11 00:31
中学の時、新任の先生に聞いた話。知ってる人もいるかも。
ある日、男は車で小さな女の子をはねて殺してしまった。
その女の子は母子家庭で、男はその母親に泣いて謝った。
すると母親は「お金は要りません。ただ毎月1枚づつこのハガキを私の元に送って下さい」
と言い、100枚ほどのハガキを渡された。
男はそんな事でいいのかと思い。毎月1枚、母親にハガキを必ず送る事を約束した。
それから男は毎月、律儀に1枚ずつ送っていたがそれが2年ほど続くと、
男はハガキを送るのを忘れるようになり、ハガキを送る間隔が空き始め、
とうとうハガキを出さなくなってしまった。

255 名前:254 投稿日:03/05/11 00:32
そしてそれからさらに3年後、男はたき火をしていると、ふいにハガキの事を思い出した。
あれから母親からは何も言ってこないし、いつまでも過去に捕らわれ続けるのもいやになったので
男はそのハガキを家から取り出すと、そのままたき火の中へ放り込んだ。
母娘の事を思いながら、燃えてゆくハガキを呆然と見つめる。
すると、ハガキになにやら文字が浮かんできた。
それはあぶり出しの形で書かれており、たき火によって文字が出てきたのである。
全てのハガキ1枚1枚にびっしりと書かれた、「ヒトゴロシ」の文字が。


258 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/05/11 00:39
>>254-255
それって実話だよね。
まぁ内容と結末は全然違うけども。
実際は犯人が毎月決まった金額を遺族に支払っていて(もちろん遺族が頼んだのではなく犯人自ら)、遺族の方がもういいですよと言っても送り続けたそうで。
それを受けて遺族の方がとても誠意ある行動だったので刑が軽くなったとかって。

この話に脚色を加えて恐いものにしたのがその話だと思う。




ブログTOPへ戻る














この記事へのコメント
>>258はさだまさしの「償い」という歌で知られた話じゃなかったかな
Posted by at 2015年10月14日 18:49
未使用ハガキは金券屋で売れるし、書き損じハガキはわずかな手数料で郵便局で交換してもらえる。
あぶり出しで怨み言という設定からして小学生が作った話?
Posted by at 2015年10月30日 07:37
売るのも交換するのも嫌だったんだろ
Posted by at 2015年11月25日 02:05
それ事実じゃんヒトゴロシ‼
まぁ俺もなんだけどね
Posted by 名無しさん at 2015年12月03日 23:20
自分のところに人殺し羅列した手紙送らせるってわけわからない
白紙の手紙送られ続けて燃やしてみたらってなら分かるが
Posted by at 2016年02月10日 10:39
ああ、どうせ約束しても最後まで続けない、途中でやめて燃やすと予想してあぶり出しにしたってことか
エスパーすぎる
Posted by at 2016年02月10日 11:17
とは言え子供の飛び出しなんて予測も回避も不可能な場合も多いからなあ。
裁判員にドライブレコーダー見せてその反応で罰を決めるとかにすりゃいいと思う。
Posted by at 2016年05月18日 13:41
>>258
いや違うだろ、話飛びすぎだわ。
Posted by at 2016年06月17日 10:23

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427824854

この記事へのトラックバック