【怖い話】ばあさんと男の子の平安貴族 - 怖い話・動画のまとめサイト 見ちゃダメ!!

【怖い話】ばあさんと男の子の平安貴族

 


昔、家族で晩飯を食べていたら、勝手口から急に着物姿の物凄い顔したばあさんが訪ねてきたんだ。
しかも5〜6歳くらいの小さい男の子も一緒。
みんな戦慄して、ばあさんが男の子の手を引いて上がってきても誰も何も言えなかった。
ばあさんが黙って奥の座敷の方に消えていってから、母ちゃんが涙目で警察呼ぼうとか騒ぎ始めたんで
まずは俺と親父で様子を見てくることにしたんだ。
椅子を衝角みたいに構えて座敷に向かうと、ばあさんと男の子の姿はなかった。
その代わり、衣冠を付けた平安貴族(?)みたいな人が怒った顔で座敷に座ってて、
笏で座敷に祀ってある神棚を指しながら『次も助けてもらえると思うな!』と怒鳴ってスーッと消えてしまった。
神棚は亡くなった祖父母が設置したもので、二人がいなくなってからは誰も面倒見ずに埃まみれになっていたんだ。
ひょっとしたら、あの平安貴族は神様で、俺たちをあのばあさんから守ってくれたのかもしれない。
今では神棚を綺麗にして、毎日供物も捧げるようにしている。
その御蔭か、それ以降幽霊みたいなのが現れることもなくなりました。







ブログTOPへ戻る

日本一多くの幽霊が出た駅
村を救った住職
【ヤクザの怖い話】ホストはつらいよ
かっこいい除霊
【怖い話】やりきれない判決
覚えてないんか?
下がれ!逃げろ!
三兄弟に出された条件
登山をやめた理由
ぼくのにっき
【衝撃】「きさらぎ駅」の元ネタが発見される 洒落怖好き集まれ
マグロ漁船に載せられる女性の実体
ゆうれいが曲げた線路
事故物件の外国人が住む
地獄のバス
「くねくね」「八尺様」みたいな、創作でも初見はかなり怖い話考えた人ってすごいよね
ガチャピン
某大手エステの体験コース
【怖い話】あの世からの合図
苦情の手紙
究極の呪文
【洒落怖】歌舞伎町とヤクザ
一昔前の歌舞伎町
プログラマーの極限状態
怪異よりも怖いこと
巨頭女
因果応報
母とデジカメ
【怖い話】いつもと違う愛犬
いわくつきの火事現場
アンビリバボー恐怖体験放送中止の謎
神様の足跡
悪いうわさが流れる場所
御積島の洞窟
自殺を監視した時の話











この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック