【怖い話】誘拐未遂 - 怖い話・動画のまとめサイト 見ちゃダメ!!

【怖い話】誘拐未遂

 





134 雑民党員 ◆d.BtUq887g 04/10/25 06:47:31 ID:EdnBVv0b

小学校1年か2年の頃(昭和57年か58年)だった。

一人で下校していると(家の近く)、中型のバン(6〜8人乗り)が、すっと自分の近くに止まり、中から出てきたヒゲ面にサングラス
(だったはず。顔はよく覚えていない)の男が、声をかけてきた。

「ボク、ちょうどいいところで会った。俺、キミのお父さんの友達なんだよ。家までこのクルマで乗せてってあげるからさ、乗りなよ。」

おかしい、どう考えてもおかしい。小学生ながら、俺は思った。

・父の友達なのに、何故俺の名前を知らない?
・家はここからかなり近い。しかも細い道を通るので、車で行くより歩いていった方が早いようなところにある。
 父の友達で、家の場所も知っている口ぶりなのに、何故「クルマに乗れ」と言う?
・父の職業は自衛官だ。息子の俺が知る限り、目の前にいるような、ラフな格好で昼間から街中をうろついているような友人・知人は居ない。

という疑念が頭の中に浮かんできた。特に2番目。だいぶ、家から近いところだったのだ。

俺はこの申し出を固辞すると、足早に家へ向かう小道(車は入れない)へ入っていった。誘拐目的なんじゃないか、という恐れは当時からあった。

その後、近所で誘拐事件があったという話は聞かない。しかし、もし付いていっていたらどういうことになっていたか、だいたい想像はついた。




ブログTOPへ戻る

日本一多くの幽霊が出た駅
【衝撃】「きさらぎ駅」の元ネタが発見される 洒落怖好き集まれ
マグロ漁船に載せられる女性の実体
窓の向こうに誰か居ると思ったことない?
あきらめて
夫の行方
猫の恩返し
映像の私
九死に一生
長い下校時間
元中日・落合英二伝説
山ごもり
愛猫を看取る
消えた母
開かずの間に泊まる
夜桜
【怖い話】落ちていた携帯電話
通り抜けたモノ
隠し部屋
紫色のほわほわ
ゲアー!
拾った財布
【怖い話】ネズミの恨み
ひつか駅
無人のはずの別荘
犬との会話
【怖い話】帰ってこない客
【怖い話】ばあちゃんの真価
得体のしれないバイト
【怖い話】ご利益あり
特別な箱
身近な小人
犬の匂い











ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434394690

この記事へのトラックバック