【怖い話】遺書の代筆 - 怖い話・動画のまとめサイト 見ちゃダメ!!

【怖い話】遺書の代筆

 



329 本当にあった怖い名無し sage New! 2012/01/03(火) 06:53:51.95 ID:B1GrW0Nt0
とある冬山で、遭難した登山者の死体が見つかった時のこと。
捜索隊に加わっていた人から、こんな話を聞いた。

遭難者はメモ帳に、死ぬ寸前まで日記をつけていたらしい。
日記の最後の方は飢えと寒さのためか、字が乱れていて読めたものではなかった。
しかし、日記の最後に書かれた二行の文章だけは、はっきりと読むことができた。

『おとうさん おかあさん もうかえれません ごめんなさい
 たのまれたので かきました』

まるで子供が書いたような下手な字で、平仮名だけが使われていた。
字は強い筆圧で書かれており、遭難者の書いた字体とは明らかに違っている。
遺族にメモ帳を渡す時には、最後の一行は破りとったとのこと。










ブログTOPへ戻る

【衝撃】「きさらぎ駅」の元ネタが発見される 洒落怖好き集まれ
関東大震災の直前に目撃された謎の人物
【ほんのりと怖い話】世にも珍しいポジティブな神隠し
【心霊いい話】「あの人たち誰?なんで来たの?」「ばあちゃんを迎えにきたんだ」
【ほんのりと怖い話】「お母さん、お母さん、お母さん」
【ほんのりと怖い話】「ここから先は君の来る所じゃないよ、さっきの別れ道を左に行きなさい」→無視して歩き続けた結果・・
【恐怖】旦那のイビキ声が異様な音がして怖いwwwwwwwww
【ほんのりと怖い話】「何故プールがなくなったんですか?」「…学校の直ぐ隣の線路に歩道橋があるでしょう?」
中絶した女子中学生
肉屋さんの秘密
拝み屋が見たもの
手が三本ある家系
鬼畜親父
不良品をつかみやすい人
【ヤクザの怖い話】◯◯が無い仕事だけはしたらあかん
金を貸してくれ!このままだと殺される!
闇の始末屋
霊を恫喝した女
神様のお使い
過食症の姉
静かな怨念
ある解体の仕事
スリップストリーム
大食いドーナツ
神様にもらったチャンス
猫の喧嘩
無限地獄











ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435977143

この記事へのトラックバック