【怖い話】狭山事件の本当の恐ろしさとは - 怖い話・動画のまとめサイト 見ちゃダメ!!

【怖い話】狭山事件の本当の恐ろしさとは

 




13: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)21:56:07 ID:FIj
有名どころだけど俺が一番怖いと思った話は、狭山事件だな
1963年、埼玉で起こった身代金誘拐強盗強姦殺人事件。手ぬぐいのアレ。

容疑者の石川逮捕「後」、身代金受け渡しの役を務めた姉など被害者の兄弟2人や事件を再調査したジャーナリストを含む事件関係者の6人が相次いで自殺・変死した

物的証拠、証言、何もかも、何が本当で何が嘘か誰にも分からない。
1977年に無期懲役の判決が下りその後最高裁で再審請求が二度棄却されているという意味では、解決した事件(2015年現在でも物的証拠開示要求などの動きはある)なんだろうね
なぜなら仮に冤罪であっても、重要参考人はとうに死亡しかつ裁判は終わったから←事件よりも人間怖い

でもなんで証拠捏造してまで「生きている犯人」を検挙しようとするんd
おや誰か来たようだ



14: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)20:51:56 ID:vdK
>>13補足
最後に「証拠捏造してまで何故」と書いたが、俺は別に冤罪派ではない
疑わしきは罰せずの原則があるが、この事件には証拠が証拠になりえないという根拠すら怪しい
よって上記原則にまで至らない
事実、袴田事件と異なり、日弁連の再審請求事件にこの事件は含まれていない
あと、この文章は決して誰かに書かされているものではない





ブログTOPへ戻る


















この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441523853

この記事へのトラックバック