【怖い話】瀬戸内海の漁村で、海から流れ着いたものは『エビスさん』呼ばれ有難がられる - 怖い話・動画のまとめサイト 見ちゃダメ!!

【怖い話】瀬戸内海の漁村で、海から流れ着いたものは『エビスさん』呼ばれ有難がられる

 



111 :うめ2:2006/08/11(金) 23:16:12 ID:tk9oWCpS0
関西の知り合いから訊いた話。

瀬戸内海のあたりの小島の漁村で、海から流れ着いたものは『エビスさん』といってありがたがられるらしい。
そんなエビスさんのなかでも、一番いいのは人間の死体で、死体のエビスさんが流れ着くと必ず大漁が続くんだそうな。

瀬戸内海は昔は水軍とか海賊とかの根拠地で、けっこう荒くれどもがいた。
それで不漁が続くと、『偽エビス』っていう儀式?をやったらしい。
これは他の島にいってこっそり島に上陸して、その島の人間を殺しちゃう。
殺した人間の死体を、自分たちの島に流れ着くような場所で流すと、自分たちの島に『偽エビス』が漂着する。
そうなると、本物のエビスさんほどではないけどかなり大漁になったとか。

いまでも、不漁が続くと関西の大都市に、ホームレスの人たちを探しにいく業者みたいなのがいるらしい。
まあ、言うまでもないけどホームレスの人に仕事があるって言って騙して、その人が『偽エビス』にされちゃうんだって。





ブログTOPへ戻る


















ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント
エビス=恵比須=蛭子
蛭子が最初らしいけどね。
漫画家の蛭子さんも海から流れてきたのかな。
Posted by 名無しさん at 2017年04月15日 15:46

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445614427

この記事へのトラックバック