【怖い話】怖くてトイレから出られない - 怖い話・動画のまとめサイト 見ちゃダメ!!

【怖い話】怖くてトイレから出られない

 



家族から離れてそこそこいいアパートで一人暮らししてた頃のこと。

人生初の便秘に悩んでいた時。
友達にはピンクの粒二倍飲みを勧められたがググッて何が起こるか知り、
普通に頑張ることにした。
休日、昼飯代わりにプルーン大量に食ったら腹がぐるぐるしてきて、
今日中にカタをつけてやろうと漫画やら携帯やら持ち込んでトイレに閉じこもった。
昼に入って漫画五冊読んだらもう夕方で、
たらたらリラックスしてないで出さなきゃなーと思ってたら玄関のベルが鳴った。
いい感じに腹が鳴り始めてて、マジかよ今中断したくねえよ、
って申し訳ないけど無視することにした。
しばらくしたらもう一度ピンポーン。
くそっと毒づいてトイレットペーパー巻き出して手に取った時、
ガチャガチャって聞こえてキィッてドアの開く音がした。

あー、休みの日に来るって言ってた姉ちゃんだって思って
携帯で姉ちゃんに「今ウ○コしてるからトイレいる」ってメール送信。
姉ちゃんから「コーラック三倍飲み汁」って返事がきた。
アホかって送ったら「コーラック持っていこうか/(^O^)\」って。

姉ちゃん来てなかった。

急に寒気して、外でごそごそやってんのは誰だろうって思った。
誰か連れてすぐ来てって言ったら、空き巣に遭遇して退治した経験もある姉ちゃん、
信じて本当にすぐ来てくれた。
ピンポンピンポンってチャイム連打して入ってくる。
俺は鍵閉めてたはずだったけど、
あの入ってきた誰かかが鍵開けっ放しにしてたらしい。
部屋の奥からドタドタって足音みたいなのがして、
「外行った外!」「追いかけろ!」とか怒鳴り合う声が聞こえたあと
姉ちゃんがトイレまで来てくれた。
落ちついて考えると、入ってきた誰かにトイレに逃げ込まれたりされてたら
俺どうなってたんだろ…。

追いかけた姉ちゃんの彼氏の話によると
髪の短い裸足の女だったってことしか分からなくて、
警察に届けてパトロールまでしてもらったけど捕まることはなかった。
詳しく捜査って言われたけど、あとは管理会社に任せてすぐに引っ越したよ。
本当に怖かったんだ。俺もう便秘しない。





ブログTOPへ戻る


















この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447906375

この記事へのトラックバック