【怖い話】住職に聞いた『地下洞窟ループ』の話 - 怖い話・動画のまとめサイト 見ちゃダメ!!

【怖い話】住職に聞いた『地下洞窟ループ』の話

 



152: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/12/31(月) 02:36:51.19 ID:trb9nl9d0
うちの地方に昔あったという言い伝えで、たぶん「マヨイガ」系の話だと思う
あんまり怖くはない
中学校で剣道部だったんだけど、夏休みの合宿で町のお寺を借りて泊まったときに
五十年配の住職が寝る前に本堂に部員を集めて話してくれた
・・・昔々、村の百姓はふだんは山に入ることはあまりなくて
炭や木細工、鳥獣肉なんかは必要があれば山住みの者から野菜なんかとの交換で手に入れてた
もっとも焚き付けは薪と杉っぱで間に合うし、木製の農具なんかは村で作ってたし
塗り物の椀なんかは行商から買ってて、ほとんど必要もなかったらしい


>>長野県山中に1500メートルの謎の穴があるらしい
>>【閲覧注意】結局のところ、マヨイガって何よ?【異世界】



それでも山菜やキノコなんかを採りにいくことはある
その場合でも何人かで連れ立っていくようにして
しかも踏み跡が道になってるところから遠く離れないようにしていたらしい
そうしないで道に迷ってしまうと山寺に行き着いてしまうことがあるから
この山寺というのは、ふだんからそこにあるわけじゃなくて
道に迷った人の前に大きな山門が忽然と現れるという

山門をくぐっていくと境内から寺の前に出て、表戸が開け放たれている
入ってみるとろうそくが灯ってて、線香もけぶっているのに人の気配がない
いくら呼んでもだれも出てこない
もとの道に戻るには、本堂のお釈迦様の像の後ろに地下に通じる穴があって
ちょうど善光寺の戒壇巡りのような感じで人ひとり通れるくらいの幅
ただしもともと真っ暗な地下洞窟だけど、必ず目をつぶって歩かなければならないという
どちらかの手で壁に触れながらずっと歩いて行くと、ふっと壁の手応えがなくなって
そこで目を開けると、いつのまにか見知った山道に立っている

153: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/12/31(月) 02:37:21.67 ID:trb9nl9d0
これ以外の方法では元の道に出ることはできないらしい
山寺の山門に入らなければ山中でただ迷うばかりで疲労死が待っている
地下洞窟で目をつぶらなければ、どこまでも果てしなく洞窟が続いて出口がない
今にして思えば何かのロールプレイングゲームみたいな感じだけど
この話を聞いた当時はそういうのを知ってる人はまわりにはいなかったな

それから最も大切なのは、絶対に寺のものを持ってきてはいけないことで
欲にかられてほんのちょっとした何かでも持ってきてしまうと
その人は村に戻れるけれども名前をなくしてしまうという
この名前をなくすというのも意味不明だけど
住職はくわしく説明してはくれなかった
もしかしたら村の自分の家やなんかががなくなってしまうということかとその時は考えた
でなければ家族を含めて村のだれも自分のことを覚えていないとか

奇妙な話なんでずっと印象に残ってるし
同窓会をやったときには元の剣道部員の間でこのことが話題に出てた
一番不思議なのはこの山寺を出て村に戻る方法なんかがどうやってわかったのかということで
大学のときに町史や郷土史の本なんかをあたってみたけどそれらしいのは載っていなかった
住職が中学生を喜ばせようとして作った話というのが一番可能性が高いんだろうが
もうとうに他界してしまってて聞くことはできないんだな

175: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/12/31(月) 22:32:58.21 ID:1a8etKJv0
>>152
マヨイガって持ち帰りおkな所とダメな所の2パターンなかった?
キツネが騙してるパターンも入れれば3つか
ダメな所から持って帰ると、置いてけ掘になるか
代わりになにかを渡さなきゃいけないのがお約束的な
持ち帰りおkだと、何も持たなくて帰ってくると
後日、向こうからお届けにきたりする的な
だから、マヨイガにあったらなにも持たずに帰れば
どのパターンでも酷い目には合わないんじゃ?と思ってる

177: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/12/31(月) 23:17:02.67 ID:y+ptIh0oP
>>175
迷い込んだ先で宴会の支度がしてあって、
食べずに地元に帰ったら、食べたか、メインの皿に料理が盛っていたか
聞かれて、食べて居ない、盛っていたと答えたら、
よかった、もし空の皿だったら命が無かったところだ、と言われた

って話なかった?

155: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/12/31(月) 11:49:58.92 ID:xhl4fial0
152-153
寺の物を持って来てはいけないというのが興味深いですね。
そのお寺は常世にあるのでしょうか。
あの世の物を持ってくるとこの世の住人ではなくなってしまうという意味なのか。

伊弉冉命が迦具土神を産んで黄泉の国へ旅立ち、悲しんだ伊弉諾命が常世に
赴き、イザナミに問い掛けた所、「黄泉戸喫(よもつへぐい)をしてしまったから
戻れない」と言った話がありますが、似たような感じを受けます。

161: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/12/31(月) 13:47:09.80 ID:trb9nl9d0
「よもつへぐい」というのは腐敗の概念とかかわりがありそうだけど
この世では殯の最中に腐敗していく遺骸が黄泉の国ではまっとうされる
つまり黄泉の国の食物というのは・・・

181: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/01/01(火) 00:00:21.88 ID:9hGqG8NzP
迷い家というのは、山の中に我々の時間の流れと違う世界があり、そこで暮らす人々は老いの速度が
常の我々より非常に遅いという幻想。
戦国時代に人の来ぬ山間に落ち延び、隠棲する敗走者たちの生活の印は、彼らの雑器が川に
流れてしまう事などで発覚するが、その彼らは時間の流れから乖離した異界にいるのだという幻想。

ヤマノモノ、またはヤマヒト(山人、中国の野人のようなもの)に連れ去られた娘が、
その娘の若かりし頃を知る者によって何十年も経ってから偶然山中で発見されるも、
まったく年齢をとっていなかったなどという話が東北や九州に残っていた。
それも山中の異界に暮らす者の虜になってしまった為に、生者の理からブロックアウトしてしまった
哀れな犠牲者という幻想もある。

同じような話はドイツのグリム兄弟が苦労して集めたドイツ伝説集にもある。
膳椀伝説などはまったく日本と同じだが、ドイツでは貸してくれる存在は侏儒(コロボックルのような小人)と
認識されている。

202: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/01/01(火) 16:09:21.65 ID:zVCVqLeu0
>>181
『伽婢子』にそういう話あったね。
迷った人がたどりついた楽園のような山中の村に住む人々は、
数百年も前の戦から落ち延びてきた人たちだった…という。
元は中国の桃源郷伝説から来てるというけど、現在と違って通信機器もメディアもない環境で
外界と途絶した生活を送っていたら、手持ちの情報・認識が代々伝わっていくしかないわけで、
そういう古い知識だけを持った集団に出会ったら、『前時代の人』と認識してしまうこともむべなるかな…
なのかな。

自分の住んでるとこから車で1時間くらい山に入ったとこに、平家の落人村の館跡とされるとこがあるんだけど、
(さすがに途中からは車は入れない。自分も断念したw 人のブログでレポ見たけど、
その人はオフロードバイクで行ったようだった。)
場所がどうこうってんじゃなく、そこまで入ってってそこで生活することを選んだ人の気持ちというか
意思というか、そういうものに戦慄する。

196: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/01/01(火) 13:18:34.00 ID:xd8TMvT00
マヨイガってなんとなく昔の豪邸なイメージ
鎌倉とかその辺の桧皮葺きの武家屋敷風の
探せば昭和の木造平屋とか、オール電化の鉄筋コンの
マヨイガもあるんかね?

197: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/01/01(火) 13:26:21.60 ID:NggHlftq0
マヨイガから物を持ってきて、それから金持ちになった系の話は
民俗学的には富貴起源説話と言われてるな
身分制度が固定化された江戸時代に
農村の中でも貧富の差があるのを理由つけるための説話群で
昔祖先が通りすがりの旅人に親切にしたから・・・
という蘇民将来系の話もこれに入る

206: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/01/01(火) 17:18:29.48 ID:vaxujIQI0
「山の老人」の伝説も一種の隠れ里だよね

213: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/01/01(火) 23:01:45.92 ID:nLWHauzJ0
隠れ里伝説だとちょっと変わったのがこれ。

修行僧が大和の国で修験道を歩いているうちに道に迷い、見知らぬ山里にたどりついた。
のどが渇いていた僧は里の入り口にある泉で咽喉を潤そうとしたら、湧いていたのは水ではなく酒。
それまで飲んだこともないような美味だった。
僧を見つけた里の者たちが集まってきて、僧を取り囲む。僧がここはどこかと尋ねると、人々はここは隠れ里で、よそ者に知られると困るからお前を殺すと言った。
僧は仏に誓ってこの里のことは誰にも言わないから助けてくれと嘆願し、帰り道を教えてもらう。

しかしこの僧は家に帰ると、酒の泉の郷を見つけたことを自慢してまわり、
血気盛んな若者たちがこの里を奪って酒を我が物にしようとたくらみ、僧を道案内にして山に入って行った。

何日たっても、誰一人として帰ってくるものはなかった。





迷い家(まよいが、マヨイガ、マヨヒガ)とは、東北、関東地方に伝わる、訪れた者に富をもたらすとされる山中の幻の家、あるいはその家を訪れた者についての伝承の名である。この伝承は、民俗学者・柳田國男が現在の岩手県土淵村(現・遠野市)出身の佐々木喜善から聞き書きした話を『遠野物語』(1910)の「六三」「六四」で紹介したことにより広く知られるところとなった。

柳田國男の「迷い家」
 現在よく知られるバリエーションは『遠野物語』の「迷い家」である。これは佐々木喜善から聞き書きされたものであるが、聞いたままの話ではなく、柳田により手を加えられた部分も少なからず存在する。

『遠野物語』
六三 小国の三浦某と云ふは村一の金持なり。今より二三代目の主人、まだ家は貧しくして、妻は少しく魯鈍なりき。この妻ある日門(カド)の前を流るゝ小さき川に沿ひて蕗を採りに入りしに、よき物少なければ次第に谷奥深く登りたり。さてふと見れば立派なる黒き門(モン)の家あり。訝しけれど門の中に入りて見るに、大なる庭にて紅白の花一面に咲き鷄多く遊べり。其庭を裏の方へ廻れば、牛小屋ありて牛多く居り、馬舎ありて馬多く居れども、一向に人は居らず。終に玄関より上がりたるに、その次の間には朱と黒との膳椀あまた取出したり。奥の坐敷には火鉢ありて鉄瓶の湯のたぎれるを見たり。されども終に人影は無ければ、もしは山男の家では無いかと急に恐ろしくなり、駆け出して家に帰りたり。此事を人に語れども実と思う者も無かりしが、又或日我家のカドに出でゝ物を洗ひてありしに、川上より赤き椀一つ流れて来たり。あまり美しければ拾ひ上げたれど、之を食器に用ゐたらば汚しと人に叱られんかと思ひ、ケセネギツの中に起きてケセネを量る器と為したり。然るに此器にて量り始めてより、いつ迄経ちてもケセネ尽きず。家の者も之を怪しみて女に問ひたるとき、始めて川より拾ひ上げし由をば語りぬ。此家はこれより幸運に向ひ、終に今の三浦家と成れり。遠野にては山中の不思議なる家をマヨヒガと云ふ。マヨヒガに行き当りたる者は、必ず其家の内の什器家畜何にてもあれ持ち出でゝ来べきものなり。其人に授けんが為にかゝる家をば見する也。女が無慾にて何物をも盗み来ざりしが故に、この椀自ら流れて来たりしなるべしと云へり。

六四 金沢村は白望の麓、上閉伊郡の内にても殊に山奥にて、人の往来する者少なし。六七年前此村より栃内村の山崎なる某かゝが家に娘の聟を取りたり。此聟実家に行かんとして山路に迷ひ、又このマヨヒガに行き当たりぬ。家の有様、牛馬鶏の多きこと、花の紅白に咲きたりしことなど、すべて前の話の通りなり。同じく玄関に入りしに、膳椀を取出したる室あり。座敷に鉄瓶の湯たぎりて、今まさに茶を煮んとする所のやうに見え、どこか便所などのあたりに人が立ちて在るやうにも思はれたり。茫然として後には段々恐ろしくなり、引返して終に小国の村里に出でたり。小国にては此話を聞きて實とする者も無かりしが、山崎の方にてはそはマヨヒガなるべし、行きて膳椀の類を持ち来り長者にならんとて、聟殿を先に立てゝ人あまた之を求めに山の奥に入り、こゝに門ありきと云ふ処に来れども、眼にかゝるものも無く空しく帰り来りぬ。その聟も終に金持になりたりと云ふことを聞かず。





ブログTOPへ戻る


















この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック