【長編怖い話】カラオケ店のきれいな床 - 怖い話・動画のまとめサイト 見ちゃダメ!!

【長編怖い話】カラオケ店のきれいな床

 



409 :本当にあった怖い名無し :2010/06/02(水) 11:22:51 ID:8p5hMd4QQ
体験談というか現在進行形なんだが、これが原因でバイト辞めようか悩んでる…
心霊どうこうじゃないし、やたら長いし、話のネタにもならないかもしれないけど、暇つぶし程度にでも聞いてほしい。
焼肉屋とカラオケ屋で掛け持ちバイトしてるんだが、カラオケ屋の方の話。

個人経営のそんなでかくないカラオケ屋で、従業員は店長除いて男三人女一人の合計四人。
早番専門に、俺と今年始めに入ったKって女。
遅番専門で、古株のYとRって男がシフト入ってて、
平日は早番遅番交代で一人ずつ、週末や祝日は全員出勤。
つまり、早番の俺は木曜金曜が一人で出勤、土日はKと出勤になってる。
正直今彼女もいないし、女の子と同じシフトに入れるのは嬉しいんだけど、
Kはちょっと変わった奴で、中々かわいい顔立ちをしてるのに、目の下はいつもクマなのか黒っぽくて、
行動がぜんまいで動く玩具っぽくて、かなりそそっかしい。
彼氏と同棲してるみたいなんだけど、噂によると、彼氏ってのが去年事故って軽い後遺症が残ってるらしい。
三年半付き合ってると聞いたが、彼氏溺愛らしく、
以前ふざけて「同棲してる女働かすような経済力のない男なんか別れちまえよww」って言ったら、
マジギレされて、みぞおちにモップの柄がめり込んだ。
そんなちょっと変わったところもあるが、他は普通に明るいし面白いし、なんか小動物っぽくてかわいい奴だ。

前置きが長くなったが、土日祝日はKと一緒のシフトに入る。
田舎の暇なカラオケ屋でも週末は混むもんで、
店内の清掃も客の相手も、二人で手分けしてやらなきゃ仕事がまわらない程度には忙しくなる。
でも先週末。外が大荒れで、土曜日なのに客が全然来なかった。
(うちはほぼ免許のない徒歩で来る客がメインだから、かなり天候が客足に影響する)
相手する客もいないし本当に暇で、Kと雑談しながらだらだらのんびり店内の掃除してた。


410 :本当にあった怖い名無し :2010/06/02(水) 11:26:47 ID:8p5hMd4QQ
午後になっても客はこなくて、下廊下を暇そうに棒雑巾で拭いてるKに、
休憩入るって伝えようと、階段下を覗き込んだ時に始めて気が付いた。
Kの掃除した床は、ワックスでもかけたのかってくらいピカピカで、思わずため息が出るくらい綺麗になってるんだ。
Kが掃除した2階トイレや厨房も覗いてみたら、そこも見事にピカピカ。
いつもは掃除が終わるや否や、客が踏んで歩いて汚すからわからなかった。
それに比べたら、俺が丹精込めて磨いた床なんてくすんでて哀れだった。
店長が俺に口をすっぱくして「もっと丁寧に掃除しろよ」と言う理由がやっとわかった。

次の日も天気は悪くて客足もさっぱり。
あまりに暇だから気合いをいれて掃除を始めたが、Kが掃除した床の足元レベル程も綺麗にならない。
なんか悔しくて、暇つぶしがてらKの下廊下の掃除を開始から終了までじっくり観察して、
その見事な掃除術を盗もうかって考えたんだ。

店には掃除用具室ってのがあって、その四畳くらいの狭い部屋には、
簡易洗面台と、トイレ掃除の道具以外の掃除用具が全部入ってる。
Kがトイレ掃除を終えて掃除用具室に入るのを見計らって、ドアの隙間からこっそり中を覗いた。
この時は、バケツと雑巾持って掃除用具室から出てようとするKを、脅かしてやるつもりだったんだ。

掃除用具室に入ったKは、バケツに水を溜めだし、棒雑巾の柄からせっせと雑巾を外していた。
俺はKの無防備な背中をみると悪戯心がどんどん沸いて来て、笑い出しそうになるのを必死に堪えてたんだが、
Kは突然ポケットの中から、赤黒い液体が半分くらい入ったコーヒー缶くらいの小さいボトルを出した。
俺は一瞬『マイ洗剤かよ!ピカピカの床の秘密暴いたぞ!』なんて思った。
あとで分けてもらおうかとかも。
Kはバケツに溜めた水に、ボトルの中身をドバドバと大半注いでいた。入れすぎだろって位。
そして外した雑巾をバケツにいれて、何か独り言をいいながらじゃぶじゃぶ雑巾を洗い始めた。
Kは普段から独り言が多い奴だから、別に不思議にも思わず、何気なく耳を澄ましてみたら、
繰り返し「○○しね○○しね○○しね」って呟いてた。ちなみに○○は店長の名前。


411 :本当にあった怖い名無し :2010/06/02(水) 11:52:21 ID:9Vr/agrW0
終わり?


412 :本当にあった怖い名無し :2010/06/02(水) 11:52:47 ID:8p5hMd4QQ
すまん、玄関の前にだれかいるんだ


414 :本当にあった怖い名無し :2010/06/02(水) 12:10:22 ID:8p5hMd4QQ
向かいのじいちゃんだった
なんか洒落にならないこと言ってたけど、とりあえずメモした分最後まで書きます


415 :本当にあった怖い名無し :2010/06/02(水) 12:16:01 ID:8p5hMd4QQ
画面黒くなるなんなんだよ
とりあえず続きを…


俺からはKの後ろ姿しか見えなかったから、どんな顔してたかはわかない。
でも、しねしねって呟く合間に、何か明石さんまがよくやる引き笑いみたいな声が聞こえてきて、
めちゃくちゃ怖くなって、なるべく足音立てないように厨房に戻って、カルピス飲んだ。

結局いつも通り仕事を終えて、YとRに引き継ぎをして、店長とKと仕事終わりの定番の雑談タイムを過ごした。
Kはいつもと変わらず、店長にも俺にもニコニコと愛想を振り撒きながら、面白おかしい話を語った。
店長への呪詛を吐きつづけた口で。

しばらくして店長は一旦自宅へ。
俺はKと同じ時間に帰るのがなんとなく怖くて、Yの休憩時間まで待ってYと話してから帰るつもりだったから、店に残った。
Kは彼氏が待ってるからと言って、帰る支度をした。

お疲れと言う俺に、いつもはお疲れ様ですと明るい声と愛嬌たっぷりの笑顔が返ってくるんだが、
鞄を持ったKはぴくりとも動かなくない。
立ち上がった状態で俺の前に棒立ちしてるKが、今までで始めて聞くような低い声で、
「覗きって最低だと思いません?」と呟いたんだ。


416 :本当にあった怖い名無し :2010/06/02(水) 12:17:30 ID:8p5hMd4QQ
後は一言も言わず、早足で帰って行った。

その後ずっと頭がぼんやりして動けないでいると、Yが事務所に入ってきた。
おれはYに泣きついて、その日あった全てを話した。

Yによれば、あくまで噂の領域だが、Kの彼氏が事故った相手ってのは、どうやら店長らしい。
事故は10:0でKの彼氏が悪かったらしいけど…
彼氏の事を聞く度、曖昧に笑って話を濁すKの態度を思い出して、
なんだかただの噂じゃない気がして、本当に怖くて怖くて。
あの液体何?店長は何も知らずにKを雇ったのか?Kはなんのためにこの店に来た?

土曜日の夜から、Kからメールと電話がかなり来てる。
もちろん出ないし、メールも読まない。
でも削除しようとしてうっかり開いたとき、『見ましたよね』って文面が見えた。
この休日中一歩も外出してない。狭い田舎町だしKに会いそうな気がして。
怖いし、土曜またKと同じ時間に仕事かと思うと憂鬱だ。
長々と付き合ってくれてありがとう。


417 :本当にあった怖い名無し :2010/06/02(水) 12:21:25 ID:HBRFNhsjP
みつけた……


419 :本当にあった怖い名無し :2010/06/02(水) 12:24:48 ID:8p5hMd4QQ
>>417
洒落にならんやめてくれ

ちなみに向かいのじいちゃんは、「そろそろ許してやれ」だの、「心が狭いな」だのと言ってきた


424 :本当にあった怖い名無し :2010/06/02(水) 12:56:42 ID:8p5hMd4QQ
みんな心配してくれてありがとうw
明日ずる休みする気だったけど、どうせ明日は店長と二人で仕事だから、ちゃんと行って話してみるよ
勇気出たわw

あと今日は涼しいし、散歩がてら田舎パワーで近所のじいちゃん達の誤解解いてくる
念のため武器になりそうなの持って

586 :本当にあった怖い名無し :2010/06/08(火) 15:33:51 ID:XaMWbrwCQ
多分かなり長いです。申し訳ない。
大した落ちもないし期待ハズレだとは思いますが…

あと、近所のじいちゃん達のあれは勘違いでした。
じいちゃん達、Kの事を俺の彼女だと思ったらしい。
Kがずっと俺んちの近くうろついてたから、
てっきりケンカして俺が意地張って仲直りしないんだろうと、井戸端会議のネタになってたそうですw


本題です。
木曜に仕事行った時、本当は店長に話すつもりだったんですけど、
なんか店長朝から機嫌最悪で、最初顔出しに来たっきり、その日一度も店には戻ってきませんでした。
店長は少し自由すぎというか、無責任なところがあるんです。
店も娯楽で経営してるようなもんで、店長の両親は慎ましく暮らしてるがかなりの金持ち。
だからなのか、危機感がないというか…経営に関してもずぼらな所がかなりあります。
だから正直、こういうことよくあったんで、その時は気にしてなかったんですけど…
金曜も店長は一度も現れず、店長の昔馴染みのおっさん(店の常連でたまに手伝いにもきてくれる人)が代わりに来てくれた。
聞けば、水曜からずっとこの状態らしい。


587 :本当にあった怖い名無し :2010/06/08(火) 15:34:44 ID:XaMWbrwCQ
その日の仕事も終わって暇だったし、休みだったYの家に行った。
何の連絡もしないで押しかけたけど、Yは笑って迎えてくれた。

最初はゲームやったりだべったりしてたけど、そのうちずっと仕事サボってる店長の愚痴に変わって、
それで初めてわかったけど、火曜の夜Yは、店長に全部(こないだカキコした事です)話したらしい。
話した途端顔色が変わって、まだ日付も変わらないうちに店を閉め始め、Yは帰らされたんだとか。

考えてみれば色々理由もあるんだろうけど、俺もYも変な違和感を感じてたんだ。
だから、思い切って店長に聞いてみようかって事になり、店長の携帯に電話。正直、店長も心配だったし。
でも店長の携帯はドライブモードでずっと繋がらない。
ますます嫌な予感がした。
でもどうすることも出来ないし、何か知ってるかもしれないって事で、
仕方なく手伝いにきてるおっさん(以下Oさん)に話しを聞きに、Yとバイト先に行ったんだ。
Oさんは顔は怖いけど気さくで優しいおっさんで、俺もYもよく話してたし。

で、店に着いてからの話。
Oさんによれば、店長は何かに怯えて家から出たがらないらしい。
電話も宅電にOさんがかけないと出ないそうだ。


589 :本当にあった怖い名無し :2010/06/08(火) 15:37:39 ID:XaMWbrwCQ
で、こないだあった事とかも話したら、「やっぱその事か」って。
ここでかなり色々聞いたんだけど、長いから大事な所だけ。

店長は精神的になにかあると事故る癖があるらしい。
事故る癖というか、車でやけおこしたがる、の方が近いかも。
田舎なんで、ちょい山道走れば狐が路上に飛び出してくる事が多々あるんですが、
本当ならいくらでも避けきれるはずなのに、わざと轢き殺したり、
リードを馬鹿長くして散歩してる飼い犬を轢き殺したり、
人様の庭に突っ込んだり、前の車を執拗に煽ったり。
煽りが原因の事故は二回。紅葉マークのばあさんと、若いカップル…多分K達の事。
10-0でK彼氏が悪かったって噂は、間違ってたみたいです。

店長はやるだけやったら、被害者の顔も拝まず謝罪もせず丸投げ。
店長が無茶する度、両親が金払って解決してきた。
中には、誰が自分の愛犬を轢き殺したかもわからないまま、泣き落としと金で納得させられた人もいたとか。
ただ、一人だけ金で納得しなかった人がいた…これが多分Kなんだろう。
わずかだがKの彼氏の足には障害が残った。
治る見込みは薄く、Kは何度も本人からの謝罪を求めたが応じられず、
あきらめたKは「お前ら家族全員殺してやる」って言い捨てて、一銭の金も受け取らなかったらしい。


590 :本当にあった怖い名無し :2010/06/08(火) 15:38:44 ID:XaMWbrwCQ
そこまで知って、何故未だ店長に関わりを持つのかと聞いたら、
「変わってしまった幼なじみが心配だから」と言われた。
全て表向きただの事故になっていて、このことは店長の人間性にも関わるから、他言しないでくれと言われた。
Oさんごめん。

ここで初めて、毎日来ていたKからのメールに返信した。
開いてすらいなかったメールを全部読んだが、
ほとんどが『話しを聞いて下さい』『お願いします、お返事下さい』だった。

いつになっても店長は戻ってこないし、さすがにこのまま店を開くわけにもいかず、
Oさんの独断で土日店を閉めることになったので、次の日にY同伴でKの家に行った。

ここからはOさんの話の通り。
Kの彼氏は店長の車に異常なくらい煽られ、運転席側から電柱に突っ込んだ。
実際Kの彼氏の障害は思ったより軽かった。(もちろんその時は大怪我だったんだろうけど)
ちょっと足を引きずって歩いてる事と、冷え込むと痛むくらい。


591 :本当にあった怖い名無し :2010/06/08(火) 15:43:38 ID:XaMWbrwCQ
Kが許せないのは、彼氏に障害が残った事より、
血だらけでぴくりとも動かない彼氏に目もくれず、急いで逃げるわけでもなく、
何事もなかったかのように走り去っていった事と、一つの謝罪もなかった事らしい。

Kがやってたのは、やっぱ呪いの一種でした。
ちなみに赤黒い液体は、紅子とワックス洗剤、血を模した赤い液体が必要だったからとか。
よほど強い洗剤なのか、よく見ればKの手はひび割れてがさがさだった。

なんかかなり文章乱れてて申し訳ないが、こんな感じ。
Oさんも交えて四人で色々話した結果、昨日俺とYは、連絡がつかない店長の代わりにOさんに辞めることを伝えた。
Kは火曜の時点で既にクビ。Rは仕事が見つかればやめるそうだ。

今日はYと少し出かけて、途中で寄ったダイエーの中のドラッグストアで、ハンドクリームをついでに買ってKに渡してきた。
K彼氏も玄関まで出てきて、思わず吹き出したくなるくらい謝罪とお礼を繰り返してきた。
K彼氏に引っ張られるままK宅にお邪魔して、ケーキ食って帰って来て今に至る。

帰りに店を見てきた。
店はまだ閉まってたけど、閉店の貼紙もしてないし、多分まだ店は続けるんだと思う。


600 :本当にあった怖い名無し :2010/06/08(火) 17:14:07 ID:XaMWbrwCQ
みんな俺のつまらん体験談に長々付き合ってくれてありがとうw

ちなみにKには、誤解したこときっちり謝ってきました。
あと、少しでも店長側についたこと本当後悔してます。
よくよく考えれば、普段の店長の無責任さやいい加減さを見てれば、気が付けたかもしれないのに。

Kもそうだけど、飼い犬殺された人もかなりショックだったと思う。
こんな事言ったらあれだが、今まで殺してきた狐に祟られればいいのに、とか今では思ってる。

呪い云々の話は彼氏も知らなかったみたいで、そこはK叱られてました。
自分の怪我でそこまでKが思い詰めてたのも知らなかったらしい。
お互い心配しあうとか、相手のためになんかするとか、なんかもう熱いなこのやろうw

うち給料手渡しだから、月末にまた店いかないといけないから、またなんかあったら報告するかも。





ブログTOPへ戻る


















ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449990516

この記事へのトラックバック