【怖い話】すれ違う他の登山者と挨拶を交わしながら稜線を歩いていた。 その中に、帽子、シャツ、ズボンからザックに至るまで、黒一色のいでたちの男がいた - 怖い話・動画のまとめサイト 見ちゃダメ!!

【怖い話】すれ違う他の登山者と挨拶を交わしながら稜線を歩いていた。 その中に、帽子、シャツ、ズボンからザックに至るまで、黒一色のいでたちの男がいた

 



「外食してもラーメンだけはよせよ」

人の体に接触する職業の人たちの共通点

【怖い話】「お金は要りません。ただ毎月1枚づつこのハガキを私の元に送って下さい」

昔、漁村では、漁村の出身者同士が結婚するのが一般的でした

サリン事件が起きたことを知らなかった。私はオウムに拉致監禁されて第7サティアン横の独房に入れられていたから。





314 :全裸隊 ◆CH99uyNUDE:03/03/02 08:25
すれ違う他の登山者と挨拶を交わしながら稜線を歩いていた。
印象に残る登山者もいれば、そうでない登山者もいる。
その中に、帽子、シャツ、ズボンからザックに至るまで、黒一色のいでたちの男がいた。
これはかなり珍しい風体だった。

黒ずくめの男とは何度もすれ違った。
登山会や山岳会では、ユニフォームのようにそうした格好をするところもある。
だが、顔形から声まで揃える山岳会などあるだろうか。
すれ違った後で俺を追い越し、再びすれ違う事を繰り返すのでない限り、
一本しかない稜線で同じ男と一日に何度もすれ違う事などありえない。


315 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/03 02:05
富士の樹海で同じような経験をした、という話を読んだことがあります。
同じ人と何度もすれ違う、これは何なのか。
それが2回なら「変だな〜」で済むかもしれないけど、3回目ぐらいから怖くなってくるだろうな。
「もうすれ違いませんように!」って思っているところにまた向こうから・・・

やっぱ山は怖い。





ブログTOPへ戻る














この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック