【怖い話】私が昔住んでいた大阪S市では、奇妙な噂が流れていました。『夕方から夜にかけて、ナチスの腕章をつけた少年が街を徘徊している』 『その少年と目が合うと、警棒を持って追いかけられる』 - 怖い話・動画のまとめサイト 見ちゃダメ!!

【怖い話】私が昔住んでいた大阪S市では、奇妙な噂が流れていました。『夕方から夜にかけて、ナチスの腕章をつけた少年が街を徘徊している』 『その少年と目が合うと、警棒を持って追いかけられる』

 





私が昔住んでいた大阪S市では、奇妙な噂が流れていました。
以下がその内容ですが、何せ10年も前の話なので、記憶が定かではありません。

『夕方から夜にかけて、ナチスの腕章をつけた少年が街を徘徊している』
『その少年と目が合うと、警棒を持って追いかけられる』
『片足が義足であるというのにすごいスピードで、自転車で全力疾走しても追いつかれそうになった』
『いつも3匹〜5匹くらいの犬を連れている』

噂は確かこんな具合だったと思います。

当時は学校の怪談ブームで、口裂け女などが流行っていたので、恐らくその類の物だろうと、私は内心バカにしていたのですが、この噂が一気に現実味を帯びた事件が、一度ありました。
記憶力の良くない私でも、この出来事は鮮明に覚えています。

その日は中学一年生の丁度今くらいの時期で、残暑でとても蒸し暑い夕方でした。
私は部活が終わってから、教室に忘れ物を取りに行ったか何かで、いつも一緒に帰るグループとは別れ、1人で下校していましたが、私たちの間で『大東の坂道』と呼ばれていた、暗く細長い坂道に差しかかった時です。

向こうから歩いて来る、異様に細長い人影が見えました。

「あっ!やばい」

私は瞬間的にそう思いました。

何故なら、その人影は5匹の犬を連れているのです。
しかし前述のとおり、私には怪談の類をバカにしているところがあり、また、少年時代特有の好奇心から、歩みを止めず進んでいきました。
さすがに直視する勇気は無かったので、俯きながら歩いていきました。

そして、坂も中腹くらいに差しかかった時です。
突然前方から変な音が聞こえました。

その音は、「サバンッ、サヴァンサヴァンッ」とでも表現すればよいのか、とにかく奇妙な音でした。
突然そんな音がするものですから、私はついつい首をあげて・・・そして、見てしまったのです・・・。
その腕章の少年を・・・。

その少年は年のころは、僕と同じくらいに見えましたが、異様に顔色が青白く、頬はこけ、露出している腕は白く枝のように細いのです。
しかし、その腕にはしっかりと・・・例のナチスドイツのハーケンクロイツの腕章が巻かれていました。
また、噂どおり足は義足の様でした。

そして何より印象的だったのは、少年の鋭く異様な光を帯びた眼光でした。
そこで私は、「しまった!」と思いました。
少年の鋭く光る目を見てしまったからです。

その瞬間、彼の目が一瞬白眼になったように見え、頭上に上げた左手には警棒が握られていました。
私は振り返ると、全力で大東の坂道を駆け上りました。

この坂道は全長40メートルほどの急な坂道で、腕章と目が合った位置から坂を上りきるまで、20mほどありました。
その20mほどを全力で走っている間、後ろから「サバンッサバンッサバンッ」という音が聞こえてきます。

それはどうやら、腕章の連れている犬?が、(今思うと、それが犬だったのかどうか定かではありません)吼えている鳴き声のようでした。
その証拠に、音は幾つも重なって発せられ、徐々に近づいてくるのがわかります。

私は当時陸上部に所属し、学年でも3本の指に入るくらいの俊足だったのですが、「サバンッ」の音は近づいてくるばかりです。
冷汗まみれで半泣きになりながら、急な坂道をとにかく全力で走りました。
わずか20mほどの坂道がとても長く感じられました。

そして、「サバンッ」の音が本当に間近、つい足元から聞こえてくるくらいのところで、なんとか坂を登りきったのです。

大東の坂道を登りきったすぐ横には小さな商店があって、私は半泣きになりながらそこへ駆け込みました。
その店には、いつも寝ている役立たずの番犬がいました。
しかし私が店に入った瞬間、「キャンキャンキャン」と激しく吼えまくっていたのを鮮明に覚えています。

店主のおばちゃんは僕の様子を見ると、「会ってもうたんやな・・・」とため息混じりにつぶやくと、こう続けました。

店主:「もう大丈夫や。“あれ”は動物見るとしばらく来えへんから。兄ちゃん運動やってるやろ?あぁ・・・やっぱり、運動やってる子はよく狙われるんや。まあ安心し。一度会ったら明日以降はもう大丈夫やから。ただ今夜だけは気をつけて。部屋の窓は絶対閉めとくんやで。もしなんかペットを飼ってるんなら、今夜だけ外に出しときや。あれは動物がおると何もしてこうへんから。それと、帰るんなら今の内うちやで。さ、はよし」

こういうと私を外に連れ出し、坂道の下まで一緒に来てくれました。
そして、「なるべく急いで帰りよ」と付け加えると帰っていきました。

私はまた半泣きになりながら、大急ぎで家に帰り、そして親が止めるのも聞かず、普段座敷犬として飼っている犬のトシヒコを家の外につないでおきました。

以上が、腕章の少年にまつわる私の体験した話です。





















この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー