【怖い話】K県G村の田舎の話。俺の実家の村には猫がいない。一匹も。 - 怖い話・動画のまとめサイト 見ちゃダメ!!

【怖い話】K県G村の田舎の話。俺の実家の村には猫がいない。一匹も。

 





K県G村の田舎の話。

俺の実家の村には猫がいない。
一匹も。

俺は他の町の高校に電車で通ってたんだが、高校の近くを猫が歩いてるのを見て、

俺:「なんだ、あの動物。」

友人達:「えっ、お前、猫知らないの!」

そんな事があって、初めてその存在を知ったくらい。
ずっと気にもしてなかったが、最近理由が解った。

どうも呪いとかそういうのが関係してるらしい。

これは、じいちゃんから聞いた話。

江戸時代の話、村では山へ芝刈りとかで出かけると、けがをする者が続出した。

困った村人が、力があると評判の山伏に占ってもらうと、山の上にある神社の神様のご神威が強すぎてそうなっているとの事だった。

山伏は猫の爪と髭と目玉を木の箱に詰め、神社の境内に埋めた。
これは、神様のご神威を削ぐ為の呪術である。

それ以来、山に入っても怪我をする者はいなくなった。

けれども、村では猫が疫病で全滅してしまった。

新しく、猫を持ち込もうとしても必ずすぐに死んでしまう。

神様の祟りで猫が飼えなくなったのだ。

俺:「まさかあ、そりゃあないでしょ。猫がいないのは事実だけど、猫を持ち込んでみた人って村にいるの?」

じいさん:「そりゃあ、ここらへんの年寄りは迷信深いから、猫を持ち込もうと試した奴なんていないわな。持ち込んで、猫がすぐに死んだり、神様の罰を食らうかもしれんがお前試してみるか?」

俺:「・・・・・・・・・・・・」

まあ、そう言う訳で、今も村には猫がいない。





















この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー