【怖い話】私たちが通っていた大学は、結構深い山中にあった。 いつの頃からか、夜のキャンパスに人面犬が出るという噂が立った。 そんなある夜、実験ですっかり遅くなった彼が、帰宅しようとエレベーターを待って いた時のことだ - 怖い話・動画のまとめサイト 見ちゃダメ!!

【怖い話】私たちが通っていた大学は、結構深い山中にあった。 いつの頃からか、夜のキャンパスに人面犬が出るという噂が立った。 そんなある夜、実験ですっかり遅くなった彼が、帰宅しようとエレベーターを待って いた時のことだ

 





838: 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ 2009/04/23(木) 20:55:25 ID:kfiJIM1p0
同級生の話。

私たちが通っていた大学は、結構深い山中にあった。
当時はまだ設備も整っておらず、学内の彼方此方に野良犬が居着いていた。
今思えば結構な数がいたようだ。
いつの頃からか、夜のキャンパスに人面犬が出るという噂が立った。

そんなある夜、実験ですっかり遅くなった彼が、帰宅しようとエレベーターを待って
いた時のことだ。
一階から彼のいる七階までゆっくりとエレベーターが上がってくる。

チンと音がして扉が開くと、その中に何か異様なモノがいた。

身体は確かに犬だった。
犬に詳しい彼が言うには、丁度秋田犬くらいの大きさだったらしい。
赤茶色の毛並みで、所々汚れている。
しかし、顔が人間のそれだった。

随分とアクの濃い白人の顔をしていた。
身体の毛色と合わせたかのような、少し暗目の金髪。
鉤のように尖った高鼻に、青い目。
ニヤリと笑う口元から覗く太い歯が、真っ白く健康そうだったという。

想像していた姿とちょっと方向性が懸け離れていたせいで、彼はしばらくの間、
自分の見ているモノが人面犬だと認識できなかったらしい。
何の反応も出来ずにいる彼に向かって、人面犬は「HAHAHAHAHAHA!」と
まるでアメリカ人のような(?)達者な発音で笑いかける。
そうしてから、そのまま横をすり抜けて廊下の向こうに消えた。

839: 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ 2009/04/23(木) 20:56:11 ID:kfiJIM1p0

気が付くと、誰かに呼ばれたのか、エレベーターは再び一階まで降りていた。
もうエレベーターを利用する気がせずに、仕方なく外部の非常階段を一階まで
駆け下りたのだという。

「俺が思うに、うちのキャンパスに出る人面犬ってさ、○○学部で秘密裏に
 作ってた実験動物が逃げ出したヤツなんじゃねぇかな?
 どう見てもありゃキメラだったぜ」

大真面目でそう口にする彼に向かい、誰かが言った。

「○○学部にそんな御大層な研究している研究室は無えよ」

ある意味大変失礼な発言だが、なぜか皆揃って頷いていた。

今はもうキャンパスも綺麗に整備され、野良犬一匹いないと聞く。
人面犬ももう姿を見せなくなっただろうか。

857: 本当にあった怖い名無し 2009/04/24(金) 18:57:57 ID:xdvXaYJP0
>>838を見て、一個ネタ思い出した。

一昨年身内が最期まで入院していた病院の話です。
その病院は、戦前に結核病棟として建てられたもので、山の中腹にありました。
かなり広い病院です、正面が道に面している以外は、三方が雑木林です。
西よりの駐車場に猫の餌を毎日並べる困った人がいて、敷地内は猫が数十匹
徘徊していました。そこは野良猫の事、人に慣れず、病棟に入る事もなく、
駐車場や雑木林、病院付属擁護学校のグランドなどで遊び回っていました。

身内は、三階の病室(個室)に入院していました。窓のすぐ外に、暖房用の
スチームの配管が断熱材に包まれて通っていました。
身内の病気が進んで、あと数日もたないでしょうと云われたある日、白くて
太り気味で、少し薄汚れた猫が配管の上に座ってこちらを眺めていました。
数ヶ月の入院生活で初めての経験ですが、身内は「猫は好きじゃない、なんか
連れて行かれそうな気がする」と、少し嫌そうな表情を浮かべました。
その猫に餌をやろうと、ヒレカツだのチーズなどを見せてもぴくりともせず、
こちらをじっと見つめています。
その後、身内がかすれた声で「ありがとう、ありがとう」と言い出しました。
かなりかすれた声で、本当にありがとうだったか、自信はないです。
そして、私の視線が少しの間身内に行った瞬間、文字通りその猫は居なくな
り、身内も静かになりました。その夜、身内は鬼籍に入りました。

昨年、父が同じ病院に入院したので、看護士に聞いたのですが、猫が三階ま
であがってくる話は見たことも聞いた事もないとの事です。あの猫は、一体
なんだったのだろうかと、未だに不思議に思っています。

861: 本当にあった怖い名無し 2009/04/25(土) 02:35:21 ID:k6pyjBWR0
>>857
山の中の病院の不思議な話ですね
昔、死者を猫がまたぐと、変なモノの魂が死体に憑くから
そばに寄せちゃだめだ、と言ってた人がいたなあ
猫好きなので、そういう言い伝えがあることに少しびっくりしたw


昔、山の中で星を見るのが好きな友達に聞いた話
何か大き目の彗星が来てるときだったかな、
同じ趣味の仲間数人で山に行って、休憩所みたいになってるとこに車を止めて空を見ていた。
真夜中の山の中の道でも、時折車が通りかかる。
そのヘッドライトが遠くの暗い山の中を動いていくのがなんとなく気になって見てたら、
殆どの車の光は普通に道に添って行くけど、
時折道の無いとこを、同様にヘッドライトが動いていく。
その人と一緒に見てた、その辺の山に詳しい仲間によれば、その光が動いてるところは
車はおろか人も入れないようなとこだそうで
友達は「不思議だなあ」と思ったそうです。
私がその話を聞いた時「なんか夜光る鳥とかじゃなかったの?」って聞いたら
「光の見かけは他の車のヘッドライトと全く一緒だったよ」って言ってた。

このスレ見てると、こういう話も狐狸に化かされた類なのかなあと思えて、面白いです。





















この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー