【怖い話】大学時代の友人の家系はまさに因業。曽祖父が高利貸し、 父はバツイチで前妻との子を一人虐待の挙げ句死なせ、あと二人くらい流産させていたのだそうだ - 怖い話・動画のまとめサイト 見ちゃダメ!!

【怖い話】大学時代の友人の家系はまさに因業。曽祖父が高利貸し、 父はバツイチで前妻との子を一人虐待の挙げ句死なせ、あと二人くらい流産させていたのだそうだ

 





367 本当にあった怖い名無し sage 2005/07/15(金) 04:50:21 ID:OVG2Kk5a0
大学時代、Hと言う友人がいたんだけど、そいつんちは曽祖父が高利貸し、
祖父は満州で何人も鮮人を殺し(三光ってやつ?)
父はバツイチで前妻との子を一人虐待の挙げ句死なせ、あと二人くらい流産させていたのだそうだ。
H本人も毎日のようにボコボコにされていた。

まあとにかく因業な家系だという。

で、九州から東京の大学へ進学して
ようやく親父から逃げられたと思ったが、積もり積もった業からは逃げられないみたいだと。

足のない兵隊や、苦痛に顔を歪める女や、形の曖昧な赤子や、
焼け爛れた朝鮮人が、夜も昼も無く自分を責めたて、散々耐えてきたがもうダメだと。

ある時オレの部屋へ来たHは、まあこういうことを淡々と語り、そしてその直後失踪した。
他の連中のとこには行っておらず、何故かオレのとこにだけ来たらしい。
正直Hとはあんまり親しくなかったのに。

オレは友人達に何を話したか聞かれたが、
なんかイヤだったんで具体的な内容は言わなかった。


368 本当にあった怖い名無し sage 2005/07/15(金) 04:53:16 ID:OVG2Kk5a0
六日後Hは友人S宅で保護された。
夜中、Sの家のドアを一定感覚で叩く音があり、出てみたらHだったという。
もう完全に狂っていた。

Hが見つかったってんで、すぐオレや他の連中もSの家へ行ったんだけど、
Hはオレらの顔を理解し日本語を喋っているのに、会話が全く成立しない。
それが恐ろしくて恐ろしくて、ヒドイ話だがオレは顔も見ないようにしていた。

救急車呼んで、Hとはそれきり。
その後、Hと一番親しかったSにだけは、Hがオレに話した事を教えた。

するとSは驚いて、少なくともHの父親は何年も前に死んでると言う。

Hがオレに話したのは何だったのか?
今考えても意味がわからないし、狂気に触れた気がして色んな意味で怖かった。






















この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー