人形の怖い話 - 怖い話・動画のまとめサイト 見ちゃダメ!!

【怖い話】ボロボロに朽ちた雛人形

【怖い話】黒髪のジョニー

【怖い話】人形の夢


人形の怖い話ありませんか?(ΦДΦ)<九巻目

370 :1/2:2007/07/21(土) 11:04:29
こういう事もあるんだなー、という話なんだけど、投下。長文ごめん。

怖い話の続きを読む…

【怖い話】人形と心の理論

人形の怖い話ありませんか?(ΦДΦ)<七巻目

537 :490:2007/04/26(木) 19:13:49
皆様こんばんは、490です。
お約束どおりネタ投下します。
多少なりとも楽しんで頂けたらよいのですが…。
怖い話の続きを読む…

【怖い話】黒髪のジェニー

人形の怖い話ありませんか?(ΦДΦ)<一巻目

251 :もしもし、わたし名無しよ:2005/09/19(月) 15:16:54
昔、父親に愛人が居た。
数年後、母(父の妻)にバレして別れる事になったのだが、
それが原因で、その愛人さんがちょっと精神的に不安定になり、
私や私の姉達の通学路に立って、おかしな言動するようになった。
怖い話の続きを読む…

【怖い話】アドバイスする人形

人形の怖い話ありませんか?(ΦДΦ)<十六巻目

815 :2−1:2010/09/02(木) 23:29:42
何かアレだから、怖いかいい話かよくわからない話をひとつ。

ウチには等身大のベビードールがいる。
両親が結婚祝いにもらった人形だから、もうすっかりビンテージだけど。
READ MORE

【怖い話】棺に入れたバービー

546 :もしもし、わたし名無しよ:2007/11/01(木) 12:45:41
突然なんですが……私の出身地区にまつわる話でも。
その地域では、火葬の時に棺に人形を入れて一緒に焼く。
人形は故人の持ち物でも(人形持ってなかったのなら)新品でも、とにかく『何かの人形』を入れている。

もう20年近く前だけど、その地域に残る親戚のお爺さんが亡くなった。
直系の子はおらず、奥さんにもだいぶ前に死別しているので、当然人形なぞ持っていない。
仕方がないから…と、私の家族が帰郷する際に、
新品のバービー(急に言われて、それしか用意できなかった)を持参した。
私の子供心にも、見慣れたリカとは毛色の違うバービーは、とても素敵に見えたものでした…。

お葬式の後、亡くなったお爺さんの家に集まった親戚達が、精進落としとして食事をしていた。
子供たちは別室で「遊んでいなさい」と軟禁状態。
はじめの内は初対面の親戚だらけで緊張していた子供たちも、次第にうちとけ、
持ち寄った玩具で遊び始めた…その時。一人が棺に入れたはずのバービーで遊んでいるのを目撃!
私「いけないんだ、それお爺さんのだよ!」
子「お爺さんには私のお人形あげたから、いいんだもん!」
私「ダメだよ、お爺さんの取り替えるって言わなかったでしょ!」(当たり前ですが)
ここまで来ると、その子は黙ってしまいました。
どうやら、棺の中にある人形を隙を見て交換した模様。
私は『故人が胸元に抱いていた人形』であるバービーも、据わった目で『とりかえっこした』と呟くその子も怖くなって、
大人たちのいる部屋へと逃げてしまった。

随分後になって父親にその話をしたら、父真っ青。
私は知らなかったけれど、あの葬式の後から『あの子』は精神に変調をきたして入院。
数年後、病院から抜け出して徘徊し…なぜか廃材置き場に捨ててあった産業用冷蔵庫で……
以下、ご想像におまかせします。

お爺さんが何かしたのか、役目を奪われた人形が何かしたのか。
おかげでバービーが見るのもダメなほど怖いです。


引用元:人形の怖い話ありませんか?(ΦДΦ)<十巻目

【怖い話】新聞配達

155 :もしもし、わたし名無しよ:2008/08/31(日) 19:35:12
いいともの怖い話で人形が出てきてたね。


157 :もしもし、わたし名無しよ:2008/09/02(火) 09:53:32
155ではないが、増刊号で見た自分が憶えている限り書いてみる。
話をしていた芸人は知らない人だったので、以下Aとします。

Aの友人が新聞配達のバイトをしていた。
配達先のひとつに、袋小路の入口の家と一番奥の家に配達する、という場所があり、
友人はいつも入口の家に配達した後に奥の家に配達して、戻る時にまた入口の家の前を通っていた。その間10分程度。
いつも戻りに入口の家の前を通ると新聞がもうなくなっているので、
来るのを待ってすぐに取っているのだと友人は思っていた。

その家に友人がはじめて集金に行ったところ、家の主であるおばあさんが友人に、
「いつも枕元まで届けてくれてありがとうね」とお礼を言った。
友人は「自分は新聞受けに入れているだけだ」と否定したが、
おばあさんは「いつも枕元にきている」と言って譲らない。


158 :157:2008/09/02(火) 10:03:18
その話を友人から聞いたAは、友人の配達についてゆき、様子を観察した。
当該家屋の玄関はガラスの引き戸で、中央に郵便受けの口のついた桟があり、
その上下に曇りガラスの帯、戸の1番上と下の部分は透明ガラスだった。 (目←こんな感じで中央だけ曇りガラスか?)
友人が新聞を新聞受けに差込み、立ち去ったふりをしてちょっと戻って隠れて見ていると、
暫くして新聞受けからスルスルと新聞が中に引き込まれてゆく。
気付くと、戸の向うにいるはずの新聞を取っている最中の人の姿が、全くガラスの向こうに見えない。

二人は、翌日も一緒に配達に行った。
そして、前回同様新聞が中に引き込まれだしたところで、それを外側から引っ張り返した。


161 :157:2008/09/02(火) 13:11:17
新聞は強い力で引き込まれる。Aと友人はそれを負けずに引っ張り返す。
しばしそれが続いた後で、突然ガラス戸の内側にバシッと音がして、フランス人形がぶち当たった。
(ここでヒェ〜〜〜とスタジオで悲鳴w)
友人の話では、集金に行った時、家中に大量のフランス人形があったそうな。

その後、また配達の時に観察したが、二度と新聞が同様に取り込まれることはなかった。


という話だったと思います。細部の記憶違いがあったらスマン。
Aさんの言っていた『フランス人形』というのが、どういう人形なのか定かではありませんが、
ビスク系のアンティークドールか、昔の家によくあったポーズ人形系だろうと思います。
スタジオでは、「人形が新聞読みたかったんじゃな〜い?」とか女性タレントが言ってましたが、
どうしてそこで、
『可愛がってくれる大好きなおばあさんのために人形が新聞を運んでいたんだね』とか思わないのかね、
とテレビの前で内心突っ込みました。


引用元:人形の怖い話ありませんか?(ΦДΦ)<十三巻目